スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2011.03.09 Wednesday
  • -
  • OFFICE PR

VALLEMOSSO from Designer part4

仕上がってきた生地に対してデザインやディテールを組み込んでいきます。
今回は4柄をご用意しております。

細かく表現したバンカーストライプの生地は、最も汎用性のあるスーツに仕上げました。
P3.jpg
ラペルはフィッシュマウスラペルを採用して、腰ポケットはスラントに。
スラントにすることによりウエストラインが強調され、シルエットを細く美しくしています。
また着丈もコンパクトに仕上げることにより、シャツやタイなどのスタイリングの幅を広げてくれます。

もうひとつは、シャドーストライプ。
P9.jpg
こちらも汎用性の高いスーツに仕上げるため、クラシックなデザインにしました。
上のストライプのものとは違い、着丈もラペル幅もベーシックに設定しております。

こちらはミニハウンドトゥース柄。
P16.jpg
このスーツには時代性を入れ込んで、トレンド感を演出しています。
ラペルはトレンド傾向にあるピークドラペル。大人っぽいイメージのブラウンの色にも注目です。

個人的にもっとも好きなのはこのスーツ。
P10.jpg
イタリアのファブリックらしい、カラードストライプを入れた生地。
ノッチドラペルとフラップポケットで、よりクラシックさを追求しました。
スタイリングは今季トレンドのトリコロールカラー(赤×青×白)でまとめるのがおススメ。

イタリアで開催される世界最大展示会のPITTI UOMOの会場でよく見るスーツの色は紺色です。
濃紺ではなく、上の2つのような青みのある紺色を着ている人が多いですね。

イタリアらしい紺色は、まさにこの紺色なのです。



続く・・・・



スポンサーサイト

  • 2011.03.09 Wednesday
  • -
  • OFFICE PR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>












qrcode




  


sponsored links